長期間留守にするときの防犯対策は、家に人がいるアピールが大切

旅行

長期休暇中に旅行にいくなんて・・・、本当に大丈夫?
年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなど長期休暇に旅行へ行く人も多いでしょう。
でも大丈夫でしょうか?長期休暇で旅行へ行っているとき、家は留守。家への進入をもくろむ空き巣にとってみれば、それは絶好の稼ぎ時なのです。空き巣の発生件数は、長期休暇中に急増する傾向にあることが分かっています。

それなら、旅行に浮かれている場合ではありません!旅行へ行くときこそ、しっかりとした防犯対策を行い必要があるのです。

 


【防犯対策は留守ではないアピール!】

留守

旅行中、空き巣に進入されないようにするには、旅行に行っているとバレないことが大切です。つまり、家を留守にしていても、「留守ではない」というアピールが必要なのです。

では、具体的にはどのような防犯対策を行えば良いのでしょうか?

<対策①郵便物を溜めない>
郵便物が溜まっている=留守にしている、と同じです!留守ではないとアピールするには、郵便物を溜めない工夫が必要があります。その方法は2つ。1つ目の方法は、新聞屋さんや郵便局に電話をして配達を止めてもらう方法。2つ目の方法は、信頼できる人に郵便物を回収してもらう方法です。

<対策②リビングの電気を付けっぱなしにしておく>
電気メーターの動きをチェックして、留守を判断する空き巣もいるようです。人がいるように見せるためには、リビングの電気は付けっぱなしにしましょう。毎日決まった時間に照明の調節をしてくれる照明用リモコンがあれば、さらに便利ですよ。

<対策③電話は留守番電話にしない>
空き巣は、家の電話に電話をかけてみて、留守かどうか判断することも多いそうです。留守ではないことを装うためには、留守番電話にするなんてもってのほか!携帯電話で受信できるようにすれば◎

<対策④窓の防犯対策を忘れない>
意外と忘れがちなのが、窓の防犯対策。カーテンを閉めっぱなしにしていれば留守とバレてしまうし、開けっ放しにしていてもそれは同じ。対策としては、少しだけカーテンを開けておくことがオススメです。また、窓を割られて進入されるケースもあるので、防犯フィルムや防犯ガラス、補助錠などのアイテムを使うことも有効的です。

 


【普段よりもしっかりとした防犯対策が大事!】

防犯カメラ

旅行に出かけるのであれば、普段よりもしっかりと防犯対策を行う必要がありますね。今回は4つの防犯対策をご紹介しましたが、まだまだ対策できるポイントはありそうです。
また、防犯カメラやホームセキュリティーを導入するのもオススメですよ。短期間だけ導入できるプランなどもあるそうなので、検討してはいかがでしょう?
数千円をケチってしまって、空き巣に入られてしまっては、その被害は計り知れませんからね。


大阪で引越し先を探している方はいますか?そんな方にお薦めのエリアがあります。
それはなんばです。なんばと言えば大阪で最も発展している商業エリアですよね。
そんななんばで賃貸物件をみつけることができたら嬉しくないですか?
なんばエリアの賃貸物件なら満足した生活を送ることができますよ。ぜひ一度この機会になんばの賃貸物件情報について調べてみて下さい。
なんばエリアならきっと満足いく生活を送ることができますよ!

奈良県内で私がお勧めしたいのが,生駒市。このエリアは,住人の満足度も高く,生活をしていて不安になる事や困る事が少ない場所です。商業施設に医療機関,教育機関,公共施設など全て揃っていますので,ご家族でお引越しの方は,一戸建ての購入を検討してもいいかもしれませんね。一戸建てを考えるなら生駒市がぜひおすすめです!

横浜で外壁塗装を検討しませんか?住まいの劣化の進みやすい箇所として外壁が挙げられます。雨などにさらされるので,他の部分よりも劣化の進みが早いとようですね。大切なマイホームをいつまでもキレイなまま保ちたいなら,定期的な住まいのメンテナンスを行う事をおすすめします。外壁塗装は約10年ごとで行うと良いようです。横浜で外壁塗装を検討するならぜひ専門会社にお問い合わせください!